Works

愛車を眺める家2016年

設計のポイント

「コレをつくりたくて家を建てたんです」そういってご主人が見せてくれたのは、愛車ポルシェ911ターボ。
優に2台分は収まるスペースに本格的な排気ガスシステムまで装備された車好きにとっては憧れの空間である。
冬季間のアイドリングやメンテナンスもクリーンな環境で行える。カーポート内部壁面はダークカラーで塗装木毛セメント板とシルバーのガルバリウム。
ガレージに隣接しているガラス張りの部屋にはご主人の書斎になっている。上下階の上部はカウンターを造作し
仕事部屋として使え、また半地下に埋め込んだ下階は丁度愛車を真横から眺められる高さに設計されている。
一見、平屋のように映る外観だか、ガレージ裏手には芝生を貼った中庭がありその中庭を望むようにリビングを配置した2階建ての家。
道路から贅沢に距離を設け中庭を中心としたコの時型にプランしたこと外からの視線を遮断されダイナミックな開口を設けながらも落ち着ける住空間となった。

施工データ

敷地面積 661.02㎡(199.95坪)
延床面積 224.93㎡(67.90坪)
1階面積 163.36㎡(49.31坪)
2階面積 61.57㎡(18.58坪)

価格帯

4700万台(消費税8%含む)

※税込、外構は含まず。

Related Blog関連ブログ記事

More

Other Worksその他の施工事例