Works

白樺を取り込む家2013年

設計のポイント

清田区の住宅街。一般的に違うのは敷地から道路まででるのに約12mの通路地を通るということ。
俗にいう”旗竿地”である。札幌市内という所では破格の価格である。その分は建物に予算をかけれるという
メリットがある。30代のオーナーからの設計要望は自然を生かした面白い設計が出来ないか?
何処にもない面白い設計にしてほしいという。
土地自体も四角形でなく菱形変形。敷地には樹齢数十年の白樺が4本あった。アイデアを練って、
白樺を取り込むという設計に。
白樺ありきでの設計は建物位置、隣地離れ、リビングの位置と景観。そしてどこにもないデザインに
苦労したが結果的にオーナーも設計側も満足できる建築が出来たと思う。変形建物ではあるが35坪の
独創的であり愛着のある一邸となった。

施工データ

敷地面積 274.32㎡
1階面積 60.23㎡
2階面積 55.27㎡
合計 115.50㎡

価格帯

2600万台(消費税5%含む)

※税込、外構は含まず。

Related Blog関連ブログ記事

More

Other Worksその他の施工事例