Works

赤い三角屋根の家2018年

設計のポイント

石狩市花川  赤い三角屋根の家
赤いガルバリュム鋼板と荒材の羽目板で外観を大胆に。
一転してインテリアは、クリアカラーで統一してシンプルにまとめて仕上げました。
三角屋根は建物の高さが高くなるので内部天井を1〜2階共20㎝づつ下げて建物全体の
高さを下げています。全体に天井が下がりますがその分リビングの吹上天井3.8mが2.2mの
天井高さを中和してくれます。
シンプルな間取でありながら造作を取り入れ質感を高めた仕様で完成されました。

施工データ

敷地面積 227.38㎡(68.78坪) 
1階面積 69.15㎡(20.87坪)
2階面積 46.37㎡(14.00坪)
延面積 115.52㎡(34.87坪)

価格帯

2600万台(消費税8%含む)

※税込、外構は含まず。

Related Blog関連ブログ記事

More

Other Worksその他の施工事例