Blogブログ

2018年06月15日

花川の家 フロア施工

花川の家 新築工事

現場ではフロア貼りが進んでいます。

今回も道産 ナラ無垢90ミリ幅を選定しています。

今回奥側がリビングで手前側ダイニングです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

メインリビングには床下の埋め込み暖房が入ります。

ダイニング側からフロアを貼り続け

ここの寸法が数ミリ狂うと後々のフロアで作るスリットがずれて目地が合わなくなります。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

要は本来は左端からフロアを貼りたい。

でもリビングあたりで少しづつフロアがづれてくるので(無垢はそういうものです)

暖房スリットがずれる恐れがありその時点張り替えは無理。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ですのでフロアを一工夫

一度サネ部分を新たにルーターで削ります。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

削った厚みでフロアを細くカットします。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

こんな材料を作ります。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

新しいサネにカットしたフロアをはめて新しいサネができます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

リビングダイニングのセンター1枚を貼りそこに新たな

サネを差し込みます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

わかりにくいですが両方向にサネができました。

下が元々のサネ 上が新しいサネ

わかるかな?そうすると両方向にサネができます。

なんでこんな面倒なことをするかというと。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

そうすると右方向は右方向にフロアが貼れて床ルーバースタートから貼れます。

左方向は左に向かってフロアが貼れます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

こんな感じで左右に貼り伸ばして行きます、、、。

貼り終わると手間をかけてはった事は誰も気付きません。

貼り終わるとサネは見えませんので、、、。

コストダウンが囁かれる中、、、建築工事はやり方でどうにでも

なるし出来栄えは普通の人が見ればこれでいいね!と思うところも

多々ありますが、、、そのコストダウンに流され

いい素材や材料。いい職人さんのレベルを落としてそれっぽく出来ました。

というのは、、、、そこの会社の考え方、現場レベルの考え方で

出来栄えが全然変わりますので。

その考えを皆さんも建築会社を選ぶ一つの判断になるのではと思います。

特にオーナーさんは自分の家ですのでどんどん現場来ていただき施工の様子を

みてください。とお話ししています。新たな発見やもう少しこうしたいとか

アイデアは現場で生まれます。

完成後、あ〜すればこ〜すれば良かったと後悔することを少なくしたいですね。

 

 

2018年06月11日

花川の家 外装下地2

花川の家 外壁工事の続き

 

羽目板がほぼ完成してきました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

最初は色ムラがどうかな?と思いましたが

これはこれでいい感じのバラツキ感

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ビス留めも寸法を当たり下穴をまず開けて、、、からの〜

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ビス頭が出ないように再びビットを変えて皿部分を削ってからの〜

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

そうするとこんな感じの穴が空きます。

割れ止めと見た目重視の下処理です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

それからステンビスを留めるとこんな感じでビタッと

収まります。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

表札の下地もアングル囲っていい感じです。

 

 

 

2018年06月08日

花川の家 外装羽目板

花川の家 新築工事

先日の羽目板、、だいぶ色がい落ち着いた感じになったようで、、、。

こんな感じなってきました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

小口など加工して施工準備中

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

下から施工して重ね合わせて貼ります。

が、、、この羽目板、、、部材状態が相変わらず、、、ラフサイズだったり湿度や塗装で

膨張したり、曲がったりと、、簡単には、施工出来ません、、、。

今回は羽目板は一面と玄関周りの施工となります。

塗装後の変化で材料の赤身、白身部分で変色状態が全然違うので、今までとは違った

感じの仕上がりになると思います。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

1

 

2018年05月30日

花川の家 外装材塗装

花川の家 新築工事

今日は現場でお客様と外装材の塗装をしました。

塗装と言っても、、、。

 

この粉末を

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

キチンと重さを図り(料理かっ!)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

決められた量のお水で溶かします。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

そして塗ります。今回の羽目板は赤身のある道南杉ですけれど、、、。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

塗るというよりシャブシャブと刷毛で羽目板を濡らす感じです。

そして待つこと20〜30分程度天日干し

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

こんな感じです。赤身がすっかり無くなり古材のような感じに仕上がりました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

塗装は超簡単 後始末も楽々。匂いもほぼ無臭。

この塗装でまだ数日後も色も変化すると思います。

あえてこんな感じが好きな方だとちょうど良い仕上がりになると思います。

 

 

 

 

 

 

2018年05月29日

花川の家

花川の家 新築工事

大工さんは本日から再開。

その間現場では壁断熱工事が完了しています。

リビング断熱状況

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

急遽増設した窓も良い感じで採光を取り入れています。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

2階の断熱状況

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

こちらは樹脂サッシでドレーキップタイプを数カ所採用してます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

内開きができます。(2階とか外の窓拭きが簡単で良いですね)

ちなみに網戸は後で外側に付きます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

レバーアクションを変えると内倒しもできます。

(急な雨など降っても室内に雨が入りにくい。

1階につけた場合の外部から侵入されにくい)

などメリットもある窓です。

デメリットは窓サイズが限られているので設計上多用できない。

通常樹脂サッシより割高。

という感じですが付けてしまうとメリットが多いかと。