Blogブログ

2012年11月21日

細かなこだわり

手稲区の新築現場。

内部造作へ進んでいます。現場では先日塗装した幅木が加工されています。

シナベニア50㎜加工して塗装仕上げ。タッカーで打ち付けてLアングルで留めてボードを

貼ります。Lアングルは幅木はボードから凹むのでクロスが上手く貼れませんので

その見切りも兼ねています。ボードの下も数㎜削っています。(わかるかな?)

このままボード張るとアルミの厚さ2㎜が厚くなり壁がぼこっと。出っ張るのです。

だからここも細かい作業とノウハウが無いと、何とな~くみた感じで真似すると

失敗します。

 

 

 

 

 

 

 

 

壁ボードから凹んで幅木が付きました。

床も塗装、幅木も塗装ですので質感は問題なく合いそうです。

クロスが仕上がるとまたイメージも変わるのでは?と思います。

 

 

 

 

 

 

 

 

さてお次は清田の新築現場で使うTVボード。

お施主さん自ら加工です。

まだ完成前ですがコの字型です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

正面のみえがかり面は断面をナナメに加工しています。(まだ組み立て前)

 

 

 

 

 

 

 

 

断面です。

ナナメ加工。更に溝加工も。

かなり手間かかります。仕上げはオスモカラーで仕上げる予定です。

溝もOPなどで塗装して色変えても良さそうな感じも、、、、。

 

 

 

 

2012年11月20日

まもなく、、、

清田区の新築現場

まもなく基礎工事完成します。

敷地は旗竿地。約10mの通路地を通って本敷地となる。

敷地自体も四角ではなく、、、変形地。

一般受けはしない敷地ですが市内では購入できない価格帯。

その分建物に費用を分散できるのも敷地選びの重要なポイントになると。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

敷地内には建物をはるかに超える白樺の木が4本もあります。

ご近所挨拶に廻ると皆さん樹木は切るのですか?とのご質問。

落ち葉などご近所まで大変らしい旨をお施主様にもお伝え。

ある程度は切断する予定ですが建物の窓から近隣の家の壁を見るより

自然に囲まれた景観や環境も大事だと、、、設計側からはお伝えしたい部分であり

その辺りは紙一重かも知れませんが。

注文住宅ですので施主の個性を大切に素敵な家が出来れば良いなと思います。

まもなく大工工事の開始です。

2012年11月19日

フロア貼り工事

手稲区 新築現場は内部 無垢フロア貼り。

先日のナラフロア 塗装も終わり1枚ずつ施工します。

裏面にネタボンドを塗布して1枚ずつ貼り合わせしていきます。

幅90㎜ですので貼る作業量も通常の3倍はかかりますがいつも丁寧に

施工してもらっています。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

いい感じの色です。

クリア仕上げをしていますが塗装屋さん曰く、もう一度完成後クリア塗装します!!

との事でした。こだわって施工してもらえそうです。

2012年11月15日

ナラ無垢塗装

こちら手稲区の新築現場

内部床に使うナラ材のフロアです。

現場では車庫があるので車庫内部で塗布してもらいました。

これで1階分の材料です。塗って2日程度の乾燥後、再度クリアを塗布予定です。

これだけの量の床材ですので塗装屋さんに棚を作っていただきました。

乾燥室みたいです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

今回も床に塗布した塗料はOSUMOカラーで3073(ラテ色)です。

床は幅90ミリ厚さ15ミリ。

ちなみに右側の幅の狭く、薄い材は幅木に使う材料になります。

今回の幅木は今までとちょっと違う幅木に挑戦してみました。、、、、

上手くいけば良いですが。

今回の塗装はお施主様の奥様の弟さんが塗装屋さんでしたのでお願いしました。

まだ内部の塗装など多々ありますがよろしくお願いします。

 

 

 

 

 

 

 

こちらは外部に使う外装用の羽目板です。

2012年11月14日

壁の断熱材

手稲区の新築現場は内部壁断熱工事に進んでいます。

 

こちらが壁の断熱材

100㎜厚みのある断熱材です。これを壁軸間(柱間)に入れます。

最初はこのようにビニールに梱包されてきますが、、、。

 

 

 

 

 

 

開封しますと。

 

 

 

 

 

 

これだけ密に梱包されているのです。

 

 

 

 

 

 

それを壁軸間に入れます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

綺麗に施工されていきます。