Blogブログ

2012年11月25日

階段工事

手稲区の新築現場

階段工事をしています。

階段はどの現場もカラマツを多様していますが今回も採用しています。

道産材の活用。また三層面の綺麗さ。木目がはっきり浮き出るのも

「木」を表面材として使える部分としては印象の良い建材なのではと

考えます。

予め工場で階段寸法に加工して現場に納品します。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

現場合わせ?

加工してあっても当日の湿度などで木が収縮するので微調整はやはり現場での

作業となります。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

とりあえず、、、、1段目完成!

2012年11月24日

1階組み立て

札幌も本格的な雪が降って来ました。

清田区の新築現場は昨日に続き1階の工事です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

2階が910㎜はねだしています。

下部分の土地が崖っぽくなっているので少し離して

基礎を打設しています。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

はねだし横から2階バルコニーへ行けます。

バルコニーの金物は外から見えないようにプレセッター金物で本体とバルコニー梁

を緊結させるものです。

 

 

 

 

 

 

4時近くなると暗くなり作業性も落ちてきますが大工さん寒い中

お疲れ様です。何とか1階が完成しつつ。

2012年11月22日

本格的に。

清田区の新築現場。

仮設足場も昨日掛け終え今日から早速大工工事の開始。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

足場からみると家のカタチもよく判りますね。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

大工さんも土台敷設だけでも一苦労です。

ナナメは相変わらず大変だ!!!

2012年11月21日

細かなこだわり

手稲区の新築現場。

内部造作へ進んでいます。現場では先日塗装した幅木が加工されています。

シナベニア50㎜加工して塗装仕上げ。タッカーで打ち付けてLアングルで留めてボードを

貼ります。Lアングルは幅木はボードから凹むのでクロスが上手く貼れませんので

その見切りも兼ねています。ボードの下も数㎜削っています。(わかるかな?)

このままボード張るとアルミの厚さ2㎜が厚くなり壁がぼこっと。出っ張るのです。

だからここも細かい作業とノウハウが無いと、何とな~くみた感じで真似すると

失敗します。

 

 

 

 

 

 

 

 

壁ボードから凹んで幅木が付きました。

床も塗装、幅木も塗装ですので質感は問題なく合いそうです。

クロスが仕上がるとまたイメージも変わるのでは?と思います。

 

 

 

 

 

 

 

 

さてお次は清田の新築現場で使うTVボード。

お施主さん自ら加工です。

まだ完成前ですがコの字型です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

正面のみえがかり面は断面をナナメに加工しています。(まだ組み立て前)

 

 

 

 

 

 

 

 

断面です。

ナナメ加工。更に溝加工も。

かなり手間かかります。仕上げはオスモカラーで仕上げる予定です。

溝もOPなどで塗装して色変えても良さそうな感じも、、、、。

 

 

 

 

2012年11月20日

まもなく、、、

清田区の新築現場

まもなく基礎工事完成します。

敷地は旗竿地。約10mの通路地を通って本敷地となる。

敷地自体も四角ではなく、、、変形地。

一般受けはしない敷地ですが市内では購入できない価格帯。

その分建物に費用を分散できるのも敷地選びの重要なポイントになると。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

敷地内には建物をはるかに超える白樺の木が4本もあります。

ご近所挨拶に廻ると皆さん樹木は切るのですか?とのご質問。

落ち葉などご近所まで大変らしい旨をお施主様にもお伝え。

ある程度は切断する予定ですが建物の窓から近隣の家の壁を見るより

自然に囲まれた景観や環境も大事だと、、、設計側からはお伝えしたい部分であり

その辺りは紙一重かも知れませんが。

注文住宅ですので施主の個性を大切に素敵な家が出来れば良いなと思います。

まもなく大工工事の開始です。