Blogブログ

2019年07月22日

東区の家 内部工事

東区の家 内部工事

現場では大工さんが内部下地工事を進めています。

天井下地を作っています。(奥の方で)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

こちらは2階気密と下地が終わったところ

、、、窓上にカキコミがあります。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

この窓にもカキコミ

これは現場で先週打ち合わせして窓の上のロールスクリーンを

埋め込みたとのとの要望で下地加工したところです。

現場を直接見ないとわからないところで全部を全ての説明もできないので

オーナー様にも毎週足を運んでもらい現場確認しながら進めています。

そうするとギリギリになっての変更や完成後のやり直しが少なくなり完成度も

満足度も上がります。(勿論コストも上がりますが、、。)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ここの配線が出ている部分はシーリングファンがつきます。

こちらも事前に器具が決まっているので下地もガッチリ入るので

重いシーリングファンも取り付け可能です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

こちらの天井下地は少し変則的に入ってますが

この隙間にダウンライトが入ります。

これも事前に取り付け位置が決まってると下地がぶつからず

ライトを収められます。

 

 

色々な取り合いや収まりの関係もありますが、この部分的にみず

全体的に他の部分も含めてイメージを沸かせられるので

これから建築のご予定の方は現場にはなるべく来ていただけると良いかと思います。

 

この辺りの面白さが企画住宅にはない注文住宅の面白さなのでは?

と思います。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です